黒い話

突然ですが。 墓じまいしました。うどん県のはずれにあるお墓で
この先、お参りできるかどうか?と考えていた矢先・・・

決まったら さっさとやっちまうのがワタシ琉
表向き おかんにやらせている風に(笑)ハンコや書類の名前は
全て おかん しかし書類の手配や仕切りはワタシです。
(たぶん 親戚一同は気づいているだろう)

お恥ずかしい話・・・N家の親戚は口だけ番長が多く
かなり騒がしいのです。そこを一発で仕留めなくてはならない!

なんていう黒い黒いオトナの事情をイロイロ呑み込んで
(ビール 酎ハイ 飲み込んで)
一番苦労したのは・・・他府県である為、お役所の書類待ちっていう
とっても もやもやした毎日でした。

お墓からお骨を出すときに・・・衝撃~~~~!!
3つあるはずの骨壺が2つしかない!!!!!!

な、なんでやねん~~~!?と

お墓の間口が狭くて 多分ですけど骨壺が入らなかった方が
一名・・・(誰かわからない) 直接 土にお骨が・・・
急遽 墓石屋さんを呼んでくれた 遠い親戚の方 ありがとう

そして・・ その土のお骨はビニール袋へ。。。(切ない)
そこから車で京都に連れて帰り

1日自宅て過ごしてもらって その夜 郵便が!!
きたわ~~~~! 次の日 早朝から移動して

京都市内の見晴らしのいい 共同墓園にお骨を土に帰しました

墓石を持つことを止めて 誰でもお参りできる
共同墓園を選んだ理由は・・・ 無縁仏を避ける為です。

誰が何を言おうと、もういいのです
お参りしたい!という気持ちが大切ですから

そして全ての移動に関して晴天で暖かく
太陽サンサンだったことに感謝します。
勝手に・・・ですけれど 新しい地への旅立ちを
許してくれたのかと・・・


本日、京都にお骨を戻しました。
これからは・・ マメに行くからな!


高松市の紅葉 素敵でした。
イロイロ うろうろしながら 3名を連れて(笑)

一段落 そして 次の段落が無いことを願います。

e0385491_20490018.jpg


菊池寛をご存知ですか?

有名な著書に『父帰る』っていうのがあるのですが

まさに・・・父帰りました(笑) おかえり~~~



今日、不思議な事がありました

おとんが亡くなった時、急に大雨と雷になったのです


そして 本日 夕方に同じような事に?

気に入ったの?あかんかったの?どっちやね~~ん!!

って 思いながら・・・ とってもとっても ほっとした一日でした。


これで いいのだ (天才バカボン風)



[PR]
Commented by hoccorihiro at 2018-12-09 20:25
奇しくも
と 言ってはナンですが
先日、義母が亡くなり、葬儀も終えて
昨日から やっと ひと息・・・

享年102歳
悲しみもさることながら
きっと 向こう側で
8年前に先立ったオヤジ殿と
一緒に過ごしているかな と
どこか ホッとする面も有ります。

お墓は、私が亡父のお墓を購入した時に
じゃ みんな揃って・・・と
すぐ近くに 同時に購入していて
いつか また、みんな近場で眠ることになります。

私も同じく “これで いいのだ”
そんな 心境です。。


Commented by photo-n at 2018-12-11 19:32
あらら・・大往生です。きっとM子ちゃんも・・・
お墓の問題 時代と共に深刻になりますね

平成最後の・・とかなんでも最後最後
言いますけれど・・・いつかやってくる
ものなのですからって思いながら

バカボンのパパは永遠なのだ。
by photo-n | 2018-12-04 20:53 | Comments(2)